フィルムの種類


カーボンフィルム


レースカーのみならず様々な分野で使用されている炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を模した
ものがカーボンフィルムで、今やラッピングフィルムの代名詞とも言われる存在です。
以前は建材であるダイノックフィルムでカーボンラッピングがなされていましたが、車向きの材料ではないため多数の問題を抱えていました。
カーラッピング用カーボンフィルムの登場で一躍カーラッピングがメジャーな存在となりました。
カーボンフィルムを使用すればレースカーさながらのスポーティな外観に変身することができます。
本物のカーボンパーツは非常に高価ですが、カーボンフィルムなら手軽にカーボンルックを手に入れられるとして,ボンネットやルーフ、インテリアなど様々な箇所に使用されています。
カーボンフィルムのデメリットとしては、表面に凹凸があるため手入れを怠ると汚れが詰まってしまいます。

マットフィルム


カスタムペイントの世界では以前からあるマット(つや消し)塗装。

ランボルギーニなどの一部スーパーカーなどにも純正採用されています。
マット塗装は高度な技術を要するために、色ムラなどになりやすく表面もざらついたりします。
その点、機械生産されているマットフィルムは色ムラ無く平滑な表面となっています。
フィルムの種類は3パターンあり、マット、マットメタリック、半艶のサテンとあります。
マットフィルムの中で一番人気はマットブラックです。
マットブラックに変身することで何とも言えない存在感やオーラを放ち、迫力のあるスタイルになります。
マットフィルムのデメリットとしては、水垢が目立ちやすいのですが、ラッピング用コーティング剤を使用することで
最小限に抑えることができます。

グロスフィルム



グロス(光沢)フィルムは一番オーソドックスなフィルムです。艶のある通常の塗装と同じような質感を表現できます。

フィルムの中でも特にカラーバリエーションが豊富でソリッド、メタリック、パール、ラメなどからお選び頂けます。

ルーフにグロスブラックを貼ることで視覚的に車高を低く見せる効果もあります。

テクスチャフィルムや他のカラーと組み合わせて貼ることで個性的なデザインに仕上げることも可能です。

フィルムの端部を丁寧に仕上げることにより塗装したのと見間違うような出来栄えになります。

グロスフィルムのデメリットとしては、傷が目立ちやすいので丁寧な洗車をおすすめします。

ブラッシュドフィルム


ステンレスの表面処理であるヘアライン加工を施したような質感のフィルムがブラッシュドフィルムです。

マットとグロス(艶有り)の中間くらいの艶感でメタリックが入っているため光の当たり具合で本物の金属的な見え方をする特殊なフィルムです。

カーボンフィルムがスポーティなのに対してブラッシュドフィルムは高級感漂う品のある感じに仕上がります。

水垢が付きにくく、傷も目立ちにくいのでメンテナンス性に優れたフィルムだと思います。

ブラッシュドフィルムでのデメリットとしては、カーボンフィルムと同じく表面に凹凸があるため

手入れを怠ると汚れが詰まってしまいます。

施工方法が特殊であるため、経験の未熟な店舗では綺麗に施工することが難しいフィルムです。

当店では、豊富な知識と豊富な施工経験によりお客様に納得していただける仕上がりを提供しております。

メッキフィルム


その名の通り鏡面のピカピカメッキフィルムです。

ランボルギーニやフェラーリなどの全面メッキのスーパーカーはカスタムカーショーなどで注目の的です。

メッキフィルムは最も施工難易度が高く施工ができるインストーラーは多くありません。

またフィルムの価格も通常のフィルムより高価であり施工難易度も高い事から価格帯もトップクラスとなりますが得られるインパクトは絶大です。

とにかく目立ちたい、派手なものが好き、そんなあなたにおすすめです。

もちろん部分的なワンポイントでも十分効果的です。

インクジェットフィルム


ラッピングフィルムは色別に作られた既製品以外にデータを印刷できるフィルムがあります。

イラスト、写真、模様など好きなものを印刷でき、人とは違うオンリーワンの車にすることができます。

バスや営業車など広告媒体として使用されている物も、このインクジェットフィルムが使用されています。

仕上がりは光沢、艶消しをお選び頂けます。